コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北上線

3件 の用語解説(北上線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

北上線

JR東日本が運行する鉄道路線。岩手県北上市の北上駅から秋田県横手市の横手駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北上線【きたかみせん】

北上(旧黒沢尻)〜横手間のJR線。営業キロ61.1km。奥羽山脈を横断して東北・奥羽両本線を結び,1924年全通。1966年まで横黒(おうこく)線と称した。
→関連項目ほっとゆだ[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北上線
きたかみせん

岩手・秋田県の中南部を東西に走る東日本旅客鉄道の線路名称。北上―横手間61.1キロメートル、全線単線、非電化。奥羽山脈横断鉄道の一つで、北上川の支流和賀(わが)川と雄物(おもの)川の支流横手川、黒沢川の流域を走る。国道107号と並行し、沿線に湯田(ゆだ)温泉峡県立自然公園に属する観光地がある。黒沢尻(くろさわじり)(現、北上)側からは東横黒(ひがしおうこく)軽便線(のち横黒東線)、横手側からは西横黒(にしおうこく)軽便線(のち横黒西線)として建設され、1920~1924年(大正9~13)開業、全通後は横黒線と称した。湯田ダムの建設によって、岩沢―陸中(りくちゅう)川尻間が水没することとなり、1962年線路の付け替え工事が完成した。1966年(昭和41)北上線と改称。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北上線の関連キーワード北上磐越東線山田線奈良線営業キロ営業キャッシュフロー北上[市]根岸線岩手県北上市黒沢尻秋田県横手市山内黒沢

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北上線の関連情報