コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯田 ゆだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯田
ゆだ

岩手県南西部,西和賀町南部の旧町域。奥羽山脈東麓,和賀川がつくる沢内盆地南半部を占め,西で秋田県に接する。 1964年町制。 2005年沢内村と合体して西和賀町となった。地名は温泉に由来する。岩手県屈指の豪雪地帯。銅鉱を主力とした鉱山の町であったが,閉山となり,過疎化を防ぐため湯本温泉を中心に湯川温泉など温泉郷の開発が行なわれ,湯田温泉峡県立自然公園に指定されている。約1万 8000年前の住居跡といわれる大台野遺跡がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯田
ゆだ

岩手県南西部、和賀(わが)郡にあった旧町名(湯田町(まち))。現在は西和賀(にしわが)町の南部を占める地域。奥羽山脈真昼(まひる)山地に位置し、秋田県に接する豪雪地。1964年(昭和39)町制施行。2005年(平成17)同郡沢内(さわうち)村と合併して西和賀町となった。和賀川上流の河岸段丘に集落が点在、旧町域の92%が山岳地帯で農山林業が主産業。かつては銅山など12の鉱山が稼行したが、1976年の土畑(つちはた)鉱山の閉山で鉱業町の歴史は終わった。白木野(しらきの)の大台野(おおだいの)遺跡は旧石器時代から弥生(やよい)時代に至る複合遺跡。湯川、湯本などの温泉、多目的の湯田ダムと人造湖の錦秋(きんしゅう)湖などは湯田温泉峡県立自然公園に指定されており、スキー場や総合レジャー施設もある。JR北上(きたかみ)線、国道107号が通じ、秋田自動車道湯田インターチェンジがある。[金野一]
『『湯田町史』(1979・湯田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湯田の関連キーワード鹿児島県薩摩郡さつま町鶴田新潟県南蒲原郡田上町岩手県和賀郡西和賀町山口県山口市湯田温泉湯田ゆう太くん長野電鉄長野線湯田中渋温泉郷スノーモンキー西和賀[町]安代[温泉]湯田スキー場発哺[温泉]長野県中野市山ノ内温泉郷山ノ内(町)西和賀(町)湯田[温泉]ゆう子ちゃん湯本[温泉]上林[温泉]

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯田の関連情報