北上(読み)きたかみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北上
きたかみ

宮城県東部,石巻市北部の旧町域。北上川下流部追波川河口左岸にある。 1955年十三浜村と橋浦村の2村が合体して北上村となり,1962年町制。 2005年石巻市,河北町,雄勝町,河南町,桃生町,牡鹿町の1市5町と合体して石巻市となった。追波川と追波湾に面して集落が点在,農業と漁業が行なわれ,アワビ,ウニを採取,ワカメ,コンブなどの養殖が盛ん。丘陵性の傾斜地で,耕地が少なく,大半が兼業農家。丘陵地では畜産が行なわれ,乳牛肉牛を飼育。北東端に神割崎の景勝地がある。海岸一帯は南三陸金華山国定公園に属する。

北上
きたがみ

球磨型軽巡洋艦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きたかみ【北上】

岩手県南西部、北上盆地中央部にある市。近世、北上川舟運の河港、奥州街道の宿駅として繁栄。近年、内陸工業地化が進む。

ほくじょう【北上】

( 名 ) スル
北に向かって進むこと。 ⇔ 南下 「台風は八丈沖を-中」 「 -する軍隊」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北上
きたかみ

宮城県東部、桃生郡(ものう)にあった旧町名(北上町(まち))。現在は石巻(いしのまき)市の北東部を占める地域。旧北上町は1962年(昭和37)町制施行。2005年(平成17)石巻市に合併。追波(おっぱ)川左岸から追波湾北岸にかけての農漁村。沿岸漁業やカキ、ホタテガイ、ワカメなどの養殖業を行う。水田は1戸当りの耕作面積が小さく酪農団地が造成され、また農産物加工にも力を入れている。海岸一帯は三陸復興国立公園(旧、南三陸金華山国定公園)の一部で、神割(かみわり)崎などの景勝地が多い。[青柳光太郎]
『『北上町百年の概要』(1975・北上町) ▽『北上町史』全4巻(2004~2005・北上町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きたかみ【北上】

岩手県中南部、北上盆地の中央部の地名。中心地黒沢尻は奥州街道の旧宿場町。古くは北上川水運の積替港として栄えた。東北新幹線東北本線が通じ、北上線が分岐する。また、道路交通の結節点でもあり、工業化が進んでいる。昭和二九年(一九五四)市制。

ほく‐じょう ‥ジャウ【北上】

〘名〙 北に向かって進むこと。北進
※文華秀麗集(818)中・仰同尚書良右丞銅雀台〈桑原腹赤〉「北上臨風詠、西陵向月看」 〔曹操‐苦寒行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

北上の関連情報