北九州港(読み)キタキュウシュウコウ

デジタル大辞泉の解説

きたきゅうしゅう‐こう〔きたキウシウカウ〕【北九州港】

福岡県北九州市にある港。国際拠点港湾の一で、管理者は北九州市。昭和39年(1964)、門司(もじ)港・小倉港・洞海(どうかい)港が合併して発足。国内外の流通拠点であるほか、九州地方最大のフェリーターミナルとして利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

北九州港

福岡県にある港。九州の最北端に位置し、東は周防灘、北は関門海峡に面する。1974年4月設立。港湾管理者は、北九州市。国際拠点港湾(2011年4月指定)。港湾区域面積は、15,904ヘクタール。韓国・中国などと結ぶコンテナ航路が通じ、関東・近畿と結ぶフェリーも発着する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の北九州港の言及

【洞海湾】より

…62年,湾口部に若戸大橋が完成した。洞海港は64年,門司・小倉両港とともに北九州港(特定重要港湾)に統合された。北九州工業地帯【土井 仙吉】。…

※「北九州港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北九州港の関連情報