コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山七僧 きたやま しちそう

1件 の用語解説(北山七僧の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北山七僧 きたやま-しちそう

1721-1806 江戸時代中期-後期の儒者,医師。
享保(きょうほう)6年生まれ。北山橘庵(きつあん)の従兄(いとこ)。河内(かわち)(大阪府)の人。服部南郭,柳沢淇園(きえん)にまなぶ。大坂淀川の過書船(かしょぶね)の役人をつとめ,晩年は医業をいとなむ。文化3年5月11日死去。86歳。名は皓。字(あざな)は白甫。通称は昌蔵。著作に「閑窓夜話」「詞壇鶏鳴集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北山七僧の関連キーワードナポリ王国享保の改革田中訥言市川団十郎フランツ大陸封鎖フランツ[2世]有期労働者小石川植物園エストニア

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone