コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山橘庵 きたやま きつあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北山橘庵 きたやま-きつあん

1731-1791 江戸時代中期-後期の医師,漢詩人。
享保(きょうほう)16年生まれ。北山七僧(しちそう)の従弟(いとこ)。河内(かわち)(大阪府)の人。橘元恭に古医方をまなび,名医として知られる。また柳沢淇園(きえん)に儒学をまなび,混沌社同人の細合(ほそあい)斗南と親交をむすんだ。寛政3年11月15日死去。61歳。名は彰。字(あざな)は元章,世美。著作に「橘庵医牘」「鶏壇嚶鳴」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北山橘庵の関連キーワード舟木杏庵北山世美

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android