コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山橘庵 きたやま きつあん

1件 の用語解説(北山橘庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北山橘庵 きたやま-きつあん

1731-1791 江戸時代中期-後期の医師,漢詩人。
享保(きょうほう)16年生まれ。北山七僧(しちそう)の従弟(いとこ)。河内(かわち)(大阪府)の人。橘元恭に古医方をまなび,名医として知られる。また柳沢淇園(きえん)に儒学をまなび,混沌社同人の細合(ほそあい)斗南と親交をむすんだ。寛政3年11月15日死去。61歳。名は彰。字(あざな)は元章,世美。著作に「橘庵医牘」「鶏壇嚶鳴」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

北山橘庵の関連キーワード菅尚卜維明江原阿人歌鳥其音喜多村東巴三鍼青海舎主人樗雲盤察

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone