北山時雨(読み)キタヤマシグレ

デジタル大辞泉の解説

きたやま‐しぐれ【北山時雨】

京都の北山の方から降り渡る時雨
北山3㋐」に同じ。
「あいつおれには―だよ」〈滑・浮世床・二〉
北山3㋒」に同じ。
「どうやら腹も―」〈滑・旧観帖・初〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたやましぐれ【北山時雨】

京都の、北山方面から降ってくる時雨。
「北」に「来た」をかけた洒落。
空腹になること。はらが-となつて来た/洒落本・妓娼精子
気があること。あいつおれには-だよ/滑稽本・浮世床 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きたやま‐しぐれ【北山時雨】

〘名〙
① 北方の山から降ってくるしぐれ。特に、京都の北山のあたりから降り渡るしぐれ。《季・冬》
※俳諧・誹諧発句帳(1633)冬「ぬれじとて笠をきた山時雨哉〈幸和〉」
② 「北」に「来た」をかけていうしゃれ。
(イ) こちらの思惑どおりになっていくこと。
洒落本・契情買虎之巻(1778)四「そりゃそろそろと、きた山しぐれのあいつが在所を尋るは」
(ロ) 気があること。
滑稽本・浮世床(1813‐23)二「あいつおれにはきた山時雨(シグレ)だよなどとはりかけるのさ」
(ハ) 空腹を催すこと。
※歌舞伎・傾情吾嬬鑑(1788)大詰「成る程、腹の加減も北山時雨(キタヤマシグレ)、ちょっと一杯茶漬と出かけよう」
③ きまぐれ。
※雑俳・腕くらべ(1826)「北山時雨(シグ)れで・誉められ跡との剛わい嫁」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android