コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北島氏 きたじまうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北島氏
きたじまうじ

出雲地方の豪族。アメノホヒノミコトの子孫と称し,代々出雲国造に補せられ,出雲大社に奉仕した。南北朝時代,54世孝時の子孝宗,貞孝は2家に分裂して孝宗は千家,貞孝は北島を称し,以後両家は互いに国造,神主職の相続を争い,両国造家は併存してともに正統性を主張した。貞孝は南朝方として出雲地方で活躍した。明治にいたり,国造職を解かれ,男爵に列せられた。 (→千家氏 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北島氏
きたじまうじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

北島氏の関連キーワード北島貞孝社家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北島氏の関連情報