コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千家氏 せんげうじ

2件 の用語解説(千家氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千家氏
せんげうじ

もとの氏の名は出雲氏。アマテラスオオミカミの第2子アメノホヒノミコトを祖とし,代々,出雲国造出雲大社宮司,出雲大社教管長の職を奉じる氏族。南北朝時代に千家と北島の2家に分れた。 (→北島氏 )。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千家氏
せんげうじ

古代の出雲国造(いずものくにのみやつこ)家を代々継承してきた氏族。その祖先は天穂日命(あめのほひのみこと)と伝え、出雲の有力首長として、出雲国造は意宇(おう)郡郡大領を兼任した(798年まで)。出雲大社の祭祀(さいし)をつかさどり、1343年(興国4・康永2)には、出雲国造55代とする孝宗(たかむね)が国造となったが、弟の貞孝(さだたか)は別家し、本家は千家を称し、分家は北島を用いることとなった。こうして出雲国造は2流に分かれ、大社の年中祭祀を明治時代までの間、四十八度は千家国造家が、十九度は北島国造家が執行したという。国造千家尊孫(たかひこ)のおりに明治維新となった。1872年(明治5)1月、従来の両国造家による分掌制は廃止され、国造千家尊福(たかとみ)が出雲大社大宮司となり、北島脩孝(ながのり)は少宮司となった。1877年には大宮司の制は宮司制に改められて、千家尊福が改めて出雲大社宮司に就任した。千家はその後も出雲大社宮司を継承して現在に至る。なお、千家尊福は出雲大社教会(いずもおおやしろきょうかい)を組織し、その管長となったが、大社教の管長も千家によって受け継がれている。[上田正昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千家氏の関連キーワード天照大神・天照大御神天照神大日孁貴皇祖皇大神天孫日の神天照大神日孁天糠戸者

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone