コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魏徴(読み)ぎちょう(英語表記)Wei Zheng; Wei Chêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魏徴
ぎちょう
Wei Zheng; Wei Chêng

[生]太建12(580)
[没]貞観17(643)
中国,唐初の功臣,学者。魏州曲城 (山東省掖県) の人。字は玄成。諡は文貞。隋末の乱に李密の軍に参加し,ともに高祖に帰順した。初め仕えていた高祖の長子李建成が弟の世民 (のちの唐の太宗 ) と争って敗れてからは世民に仕えて信任を得,世民の太宗即位 (627) 後は諫議大夫,秘書監,侍中 (宰相) と昇進,鄭国公に封じられた。唐室創建の功臣の一人でよく太宗を助け,いわゆる「貞観の治」に貢献した。貞観 16 (642) 年太子太師となり,翌年死去。『隋書』『北斉書』など正史編纂に関与したほか『羣書治要』 (50巻) を主編。現存する詩は少いが,『述懐』1編が有名。諫として著名で,文集『魏鄭公文集』 (3巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎちょう【魏徴 Wèi Zhēng】

580‐643
中国,唐初の諫臣(かんしん)。字は玄成。鉅鹿曲城(河北省)の人。封爵により魏鄭公とも呼ばれる。隋末に李密,唐に入って高祖の長子,李建成に仕えたが,玄武門の変をへて太宗が即位すると,かえって重用され宰相にまでなった。中国史上もっとも有名な諫臣で,その守成の難などを説いた議論は《貞観政要》《魏鄭公諫録》にみえ,〈述懐〉と題する詩は《唐詩選》の巻首におかれている。《隋書》を含む五代史や《群書治要》を編纂した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎちょう【魏徴】

580~643) 中国、唐初の政治家。字あざなは玄成。玄武門の変後、李世民(太宗)に仕え、諫臣として有名。南北朝・隋の正史編纂に関与。「述懐」の詩は名高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魏徴
ぎちょう
(580―643)

中国、唐初の諫臣(かんしん)。曲城(山東省掖(えき)県北東)の人。幼少のときに孤児となったが読書に努め、隋(ずい)末の動乱の際には李密(りみつ)の書記となった。李密が唐に降伏すると、唐の高祖李淵(りえん)の長子李建成(りけんせい)に仕え、弟の李世民(りせいみん)(太宗)を除くように勧めた。玄武門(げんぶもん)の変で、世民が建成を倒して帝位につくと、かえってその器量を認められてただちに諫議大夫(かんぎたいふ)に任ぜられ、以後死ぬまで諫臣としてよく太宗に仕えた。その諫言は『貞観政要(じょうがんせいよう)』にみえ、守成の難を説いた話は有名である。また『隋書』は彼の奉勅撰(ほうちょくせん)であり、『梁書(りょうしょ)』『陳書(ちんしょ)』『北斉書(ほくせいしょ)』『周書(しゅうしょ)』の編纂(へんさん)にも携わって良吏と称せられた。ほかに彼の関係した書物には『類礼(るいれい)』20巻、『群書治要(ぐんしょちよう)』50巻(奉勅撰、ほぼ現存)がある。[金子修一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の魏徴の言及

【貞観の治】より

…その基本は君臣それぞれが公人としての立場を貫いて政権の公的性格を徹底させることにあり,そのためには諫言をたてまつりまた納めることが重視された。この原則を最も強く主張したのが魏徴である。貞観時代は失政もあったが大局的には理想主義の生きた時代で,後世の模範となり,日本の清和天皇の年号(859‐877)もこれにならっている。…

【昭陵】より

… 九嵕山の丘陵から南麓の平地部にかけて,約20万haが太宗の皇親や功臣を陪葬した陵園で,柏城ともいう。山上には嫡主の3公主と燕妃および唐朝草創の功臣である魏徴の墓を配し,それ以外は山下に墓をつくる。現在167基の陪葬墓が確認され,うち57基の被葬者が判明し,1981年までに11基が発掘されている。…

※「魏徴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android