コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北斗庵一樹(初代) ほくとあん いちじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北斗庵一樹(初代) ほくとあん-いちじゅ

1787-1827 江戸時代後期の狂歌師。
天明7年生まれ。初代絵馬屋額輔の弟。江戸の人。朱楽菅江(あけら-かんこう)にまなぶ。北斗連をひきい,東夷庵古渡(とういあん-こわたり),西来居未仏(さいらいきょ-みぶつ),南亭葉々広(なんてい-はばひろ)とならんで山の手判者東西南北ひとり。文政10年8月4日死去。41歳。姓は松下。名は善政。通称は覚之丞,のち一郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北斗庵一樹(初代)の関連キーワード寛政の改革寛政改革フェデラリスツセシーユ桂川甫粲緑色岩森羅万象フェデラリストベルトレゲーテ