北村 正信(読み)キタムラ マサノブ

20世紀日本人名事典の解説

北村 正信
キタムラ マサノブ

明治〜昭和期の彫刻家



生年
明治22(1889)年1月3日

没年
昭和55(1980)年4月22日

出生地
新潟県西頸城郡青海町

経歴
太平洋画会研究所に入り、中村不折満谷国四郎にデッサンを、北村四海新海竹太郎彫塑を学ぶ。明治44年文展に初入選して以来毎年入選を重ね、大正4年「髪」が3等賞、7年「ひかり」が特選を受賞。8年第1回帝展無鑑査となり、11年帝展審査員をつとめ、13年委員となる。新文展、戦後の日展でも無鑑査、審査員、依嘱出品を重ね、昭和30年より参事、33年評議員、49年参与となる。人物像を得意とし、文展初入選以来約70年にわたり連年出品を続けた。他の代表作に「羞恥」「ポーズ」、日比谷公会堂内「安田善次郎像」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android