北村湖元(読み)きたむら こげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村湖元 きたむら-こげん

1676-1749 江戸時代中期の歌人。
延宝4年生まれ。北村湖春の子。はじめ湖源と称する。祖父北村季吟(きぎん)の跡をついで幕府の歌学方(かがくかた)となり,再昌院の号と法印の称号をうけついだ。寛延2年5月4日死去。74歳。号は信安斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android