コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条綱成 ほうじょう つなしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条綱成 ほうじょう-つなしげ

1515-1587 戦国-織豊時代の武将。
永正(えいしょう)12年生まれ。今川氏家臣の父福島(くしま)正成の死後,北条氏をたよる。北条氏綱の娘婿となり,相模(さがみ)(神奈川県)玉縄城主となり,のち武蔵(むさし)河越(埼玉県)城主をかねる。武勇にすぐれ,北条軍団五色備(ごしきぞな)えの黄備えを担当,地黄八幡旗をひるがえして各地を転戦。天正(てんしょう)15年5月6日死去。73歳。幼名は勝千代。通称は左衛門大夫

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北条綱成の関連キーワード河越城の戦い福島弁千代北条氏規高天神城久留里城松田憲秀北条氏繁上杉憲政足柄城深沢城

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北条綱成の関連情報