コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北林トモ きたばやし トモ

1件 の用語解説(北林トモの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北林トモ きたばやし-トモ

1886-1945 昭和時代前期の社会運動家。
明治19年4月25日生まれ。大正9年ロサンゼルスの北林芳三郎と結婚。宮城与徳(よとく)の影響をうけアメリカ共産党に入党。昭和11年帰国,16年ゾルゲ事件で検挙され,5年の刑をうける。保釈直後の昭和20年2月9日死去。60歳。大阪出身。旧姓は斎藤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の北林トモの言及

【ゾルゲ事件】より

…彼らの情報はきわめて確度が高く,とくに41年6月の独ソ開戦の予知や9月の太平洋戦争開戦に関する御前会議決定の通報などに顕著な成果をあげた。事件は,伊藤律が北林トモを密告したことから発覚し(《特高月報》1942年8月分),9月28日に北林,10月15日に尾崎,18日にゾルゲらが逮捕され,42年6月8日までに諜報機関員と犬養健,西園寺公一(きんかず)らの情報提供者合計35名が逮捕された。そのうちの18名が治安維持法,国防保安法,軍機保護法などの違反容疑で起訴され,ゾルゲと尾崎が死刑,2名が無期懲役のほか全員有罪の判決をうけたが,西園寺は執行猶予,犬養は上告審で無罪となった。…

※「北林トモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北林トモの関連キーワード建部遯吾岩崎盈子佐野袈裟美西田ハル八太舟三服部浜次花野フジエ水野成横田忠夫渡辺てう

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone