北海製罐(読み)ほっかいせいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海製罐
ほっかいせいかん

缶メーカー。 1921年北海製缶倉庫として日魯漁業の全額出資で設立。 41年に製缶会社8社が合同し東洋製罐となるが,50年にこれが二分され現社が設立された。飲料用缶を主体とした食缶製造を事業の中心とし,プラスチック容器も手がけている。売上構成比は,缶詰用缶 65%,プラスチック製品 18%,エアゾール缶6%,缶詰用機械6%,その他5%。年間売上高 790億 2400万円,資本金 110億 8600万円 (1998) ,従業員数 904名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北海製罐の関連情報