北野の御手水(読み)きたののおちょうず

精選版 日本国語大辞典の解説

きたの【北野】 の 御手水(おちょうず)

京都の北野神社で、七月七日、神前に御手水を献じ、また、七夕の神詠の料(かて)として、同社の神宝の一つである松風硯に梶の葉を添えて供える神事。
※虎明本狂言・太刀奪(室町末‐近世初)「今日は北野のおてうずの夜で御ざある程に参らふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android