コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御手水 オチョウズ

デジタル大辞泉の解説

お‐ちょうず〔‐てうづ〕【水】

手水」の美化語
用便。また、便所を丁寧にいう語。「お手水に立つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おちょうず【御手水】

手水ちようずを丁寧にいう語。
「御手水の会」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御手水の言及

【御手洗】より

…世俗,日常の世界から神聖な社域,寺域に入るための(みそぎ)の行事と場所が簡略化された結果,成立したのが今日,各地の社寺にみられる御手洗であろう。京都北野天満宮の7月7日になされる御手洗祭は,祭神が歌を詠むので,そのための御手水(おちようず)を硯箱,水さしなどとともに神前に供えるのだとされるが,これは魂祭である盆を前にして禊が変容したものと思われる。同じ京都の賀茂御祖(かもみおや)神社には6月20日から晦日まで境内の御手洗川に人々が足をひたし息災を願った御手洗会(みたらしえ)があり,ただすまいりとも呼ばれていた。…

※「御手水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御手水の関連キーワード勝山[町]手水の間御手洗祭立ち走る御手水町桂離宮御手洗清涼殿賄い朝餉参る