コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太刀奪 タチウバイ

デジタル大辞泉の解説

たちうばい〔たちうばひ〕【太刀奪】

たちばい

たちばい〔たちばひ〕【太刀奪】

狂言。太郎冠者通行人の太刀を奪おうとして逆に主人の小刀を取られ、主人は待ち伏せてその男を捕らえるが、太郎冠者の失敗で逃がしてしまう。たちうばい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たちうばい【太刀奪】

たちばい【太刀奪】

狂言の一。主人の刀を借りて通行人の刀を奪おうとした太郎冠者が、逆に相手に脅されて主人の刀をとられ、逃げ帰る。くやしがる主人とともに取り返しに行くが、失敗する。たちうばい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太刀奪
たちばい

狂言の曲名。太郎冠者(かじゃ)狂言。「たちうばい」ともいう。主人が太郎冠者(シテ)を連れ、北野神社のお手水(ちょうず)(御手洗(みたらし)祭)へ出かける途中、りっぱな太刀を持った男に行き会う。冠者はあの太刀をとってみせようといい、しかし丸腰では心細いからと、主人の少(ちい)さ刀(がたな)(脇差(わきざし))を借りて男に近づく。ところが、逆に相手の男に脅かされ、少さ刀を奪われて逃げてくる始末。主従は男の帰りを待ち伏せ、刀を奪い返すことにする。予想どおり男が来かかるので、主人が羽交い締めにすると、冠者はそれから悠々と縄をない始める。もどかしがる主人が早く後ろから縄をかけろと命じ、手を放すと、縛られていたのは主人のほうで、男は喜んで逃げてしまう。シテはまぬけで滑稽(こっけい)な太郎冠者の一類型を示し、類曲に『真奪(しんばい)』がある。
 1917年(大正6)、岡村柿紅(しこう)が脚色、6世尾上(おのえ)菊五郎が初演した長唄歌舞伎(ながうたかぶき)舞踊『太刀盗人(たちぬすびと)』は、本曲ではなく、雑狂言『長光(ながみつ)』に拠(よ)っている。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

太刀奪の関連情報