コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神宝 しんぽう

6件 の用語解説(神宝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神宝
しんぽう

神社の本殿に祭神の神物として奉安される宝物。「じんぽう」とも読む。神服,幣,鈴,鏡,剣,琴などであることが多い。なかでも,アマテラスオオミカミから伝授された三種の神器,ニギハヤヒノミコトから伝授された十種神宝 (とくさのかんだから) などが名高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かむ‐だから【神宝】

《「かんだから」とも》
神前に供える品物。神社への奉納品。みてぐら。
「いつくしき―を持てつづけたり」〈・澪標〉
神の持つ宝物。神の所有物。しんぽう。
「御祷(みほき)の―献(たてまつ)らく」〈祝詞・出雲国造神賀詞

かん‐だから【神宝】

かむだから

しん‐ぽう【神宝】

《古くは「じんぽう」「じんぼう」とも》神聖な宝物。また、神社に納められている宝物。かんだから。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんぽう【神宝】

〔「じんぽう」とも〕
神とあがめる宝。神聖な宝物。また、神社に納めてある宝物。かんだから。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神宝
しんぽう

神道(しんとう)に関する工芸品。「じんぽう」「じんぼう」「かんだから」ともいう。古代の神宝は『古語拾遺(しゅうい)』に、天富命(あめのとみのみこと)が種々の神宝(かんだから)として鏡、玉、矛(ほこ)、盾(たて)、木綿(ゆう)、麻(あさ)などをつくらしめたとあるように、祭祀(さいし)具とみられる。社殿が建てられると、そこに祀(まつ)られる神の日常使用する調度品や什器(じゅうき)類、また神殿を荘厳にするための用具などが納められ、これらをすべて神宝とよんだ。社殿内の祭祀は神坐(いま)すがごとく行われるので、祭神のための神服や日用の諸道具、調度品の数々を要することになる。神宝は社殿の造替(ぞうたい)や遷宮の際にかならず新調された。天皇は即位に際し天下の大社に一代一度の大神宝使を遣わし、ときには主要な神社へ神宝使を遣わして神宝を新調し寄進した。20年ごとに行われる神宮の式年遷宮は、社殿の造替とともに21種(現行は19種)の神宝の調進が重要な行事である。このような神宝の新調は、祭神の霊力更新の意味をもつという。『延喜式(えんぎしき)』祝詞(のりと)に、神宝(神財(かんだから))として鏡、横刀(たち)、弓、桙(ほこ)、鈴、衣笠(きぬがさ)、馬(春日(かすが)祭、久度(くど)・古開(ふるあき))が奉られたとあるが、現存の神宝は、手箱や神服(じんぷく)、武器・武具類が多い。春日大社や厳島(いつくしま)神社、熊野速玉(くまのはやたま)大社、鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)の古神宝は有名で、なかには国宝や重要文化財に指定されている遺品もあり、神宝はわが国の工芸美術史上重要な位置を占めている。[三橋 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神宝の関連キーワード秋葉神社例祭御嶽神社今木の神祭神遷宮配祀本殿糺の神家都御子神

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神宝の関連情報