コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匪躬 ヒキュウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐きゅう【××躬】

《「易経」蹇卦の「王臣蹇々(けんけん)す。の故に(あら)ず」から》わが身を顧みず、主君または国家のために忠節を尽くすこと。匪躬の節。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひきゅう【匪躬】

〔「匪」は「」に同じ〕
わが身を顧みないこと。 → 蹇蹇けんけん匪躬

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

匪躬の関連キーワード卑・碑・匪・卑・否・妃・婢・庇・彼・悲・扉・批・披・比・泌・疲・皮・碑・祕・秘・罷・肥・脾・臂・被・誹・譬・費・避・鄙・非・飛王臣蹇蹇躬の故にあらず