コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

区界(くざかい)高原

デジタル大辞泉プラスの解説

区界(くざかい)高原

岩手県宮古市にある道の駅。国道106号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

区界高原
くざかいこうげん

岩手県中央部、盛岡市と宮古(みやこ)市の境界にある高原。標高約700メートル。兜明神岳(かぶとみょうじんだけ)南麓(なんろく)にあり、1947年(昭和22)31戸の開拓団によって開かれ、高冷地に適したレタス、リンドウの栽培など意欲的な農業が行われている。シラカバ樹林やスズランの群落がみられ、ハイキング、スキーなど四季を通じて楽しめる。JR山田線、国道106号が通じる。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

区界(くざかい)高原の関連キーワード岩手県宮古市区界峠川井