コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛岡市 もりおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盛岡〔市〕
もりおか

岩手県のほぼ中央にある中核市。岩手県の政治,経済,文化の中心地で県庁所在地。市の中心部は北上川雫石川,中津川の合流点に位置し,水と緑に恵まれる。市域北東部は北上高地中部の山地。1889年市制。1928年米内村,1940年厨川村,1941年中野村,浅岸村,本宮村の 3村,1955年簗川村,太田村と玉山村,滝沢村の一部,1992年都南村,2006年玉山村をそれぞれ編入。市名は城名に由来する。寛永10(1633)年盛岡城が築かれて以来,盛岡藩の城下町として繁栄。明治4(1871)年県庁が置かれ,県政の中心となった。市街地は北上川と中津川の段丘上にあり,旧盛岡藩の重臣の屋敷があった内丸は県庁,裁判所,市役所などの官庁街となり,JR盛岡駅前,大通り,中ノ橋通りは中心商店街を形成。岩手大学,岩手医科大学などがある。伝統の南部鉄器のほか,機械,繊維,紙,食品などの工場がある。稲作,リンゴの栽培など,北部では酪農,畜産も行なわれる。東北自動車道や東北新幹線の開通,商業卸センターを含む岩手流通センターの建設によって東北地方北部の流通,観光,学術の拠点都市を形成している。北東部の外山高原と早坂高原周辺が外山早坂高原県立自然公園に指定されるほか,三陸復興国立公園十和田八幡平国立公園の観光中継地。市内には岩手銀行(旧盛岡銀行)旧本店本館など国の重要文化財に指定される建造物が多数存在するほか,盛岡城跡,志波城跡(ともに国の史跡),原敬記念館,五百羅漢群像を安置する報恩寺などがある。国の天然記念物に盛岡石割ザクラ,竜谷寺のモリオカシダレのほか,大ヶ生(おおがゆう)の竜源寺,肴町(さかなちょう),門(かど)の 3ヵ所のシダレカツラがある。永井の大念仏剣舞(だいねんぶつけんばい)は国指定重要無形民俗文化財。北西部の渋民石川啄木の出身地として知られ,石川啄木記念館がある。JR東北本線が盛岡で田沢湖線(秋田新幹線)と山田線に分岐。盛岡からは IGRいわて銀河鉄道となり,好摩(こうま)で JR花輪線が分岐している。国道4号線,46号線,106号線,396号線,455号線などが通り,東北自動車の盛岡,盛岡南インターチェンジがある。面積 886.47km2。人口 29万7631(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もりおか‐し〔もりをか‐〕【盛岡市】

盛岡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

盛岡市の関連キーワード岩手県盛岡市猪去田面野木岩手県盛岡市下太田方八丁岩手県盛岡市下太田新堰端岩手県盛岡市下太田下川原岩手県盛岡市猪去外久保岩手県盛岡市猪去上猪去岩手県盛岡市猪去三枚橋岩手県盛岡市猪去釈迦堂岩手県盛岡市下太田林崎岩手県盛岡市下太田杉田岩手県盛岡市下太田新田岩手県盛岡市下太田田中岩手県盛岡市下太田田端岩手県盛岡市下太田宮田岩手県盛岡市猪去早俄上岩手県盛岡市下太田谷地岩手県盛岡市玉山区下田岩手県盛岡市玉山区好摩岩手県盛岡市玉山区寺林岩手県盛岡市玉山区永井

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

盛岡市の関連情報