コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高原野菜 コウゲンヤサイ

世界大百科事典 第2版の解説

こうげんやさい【高原野菜】

標高1000m前後の高原地帯で,夏の冷涼な気候条件を利用して栽培される野菜類をいう。高冷地野菜ともいう。40種類をこす野菜が栽培されているが,代表的なものはハクサイ,キャベツ,レタスである。明治半ばころから外国人避暑客の別荘が長野県軽井沢に作られるようになり,この避暑客用として地元の商人がキャベツの栽培を農家にすすめたのが始まりといわれる。1897年(明治30)ころから本格的な栽培が始まり,軽井沢を中心に付近の村でも作られるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうげんやさい【高原野菜】

夏季も冷涼な高原地帯で、その季候を利用して栽培される野菜。レタス・キャベツ・ハクサイなどが主。高冷地野菜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高原野菜の関連キーワード長野県北佐久郡御代田町長野県南佐久郡南相木村長野県南佐久郡北相木村長野県南佐久郡川上村福島県東白川郡鮫川村長野県東筑摩郡朝日村群馬県吾妻郡長野原町長野県南佐久郡南牧村福島県耶麻郡北塩原村熊本県阿蘇郡南小国町長野県南佐久郡小海町福島県西白河郡西郷村長野県上水内郡飯綱町高知県長岡郡大豊町群馬県利根郡昭和村福島県大沼郡昭和村長野県諏訪郡原村天空の郷さんさんニルギリ山地南相木[村]

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高原野菜の関連情報