医学地理学(読み)いがくちりがく(英語表記)medical geography

世界大百科事典 第2版の解説

いがくちりがく【医学地理学 medical geography】

主として集団的な形をとってあらわれる疾病,死亡現象を地域との関連において把握する学問。しかし学問の形成過程においては必ずしも明確な性格を示したわけではなく,疾病(しつぺい)地理学地理医学あるいは地理病理学とも言われてきた。また,幾多の医的現象を広く地理学的にとらえようとする立場から,近年では健康地理学geography of healthという名称も使われてきている。臨床医学のように,それぞれの疾病の病因や症状という純医学的なものの追究が目的ではなく,これらに作用を及ぼす要因としての地理的諸条件を明らかにし,それらと疾病現象との間の諸関係を総合的に把握することに重点がおかれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android