コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医療人類学 いりょうじんるいがくmedical anthropology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医療人類学
いりょうじんるいがく
medical anthropology

ある社会・集団における伝統的な疾観念や治療行為を調査研究する人類学の一分野。 1950年代からアメリカを中心に,いわゆる開発途上国の保健医療政策のなかで始り,70年代に入ってから,それまでの現地調査によって得られた資料を利用するだけでなく,ある社会における病気や健康に関する観念・行為と信仰・認識体系との関連や,病人および治療者の社会的・文化的位置づけなどを考察する本格的な研究へと発展した。その背景には,象徴人類学の影響下に病気の概念が注目を集めたことや,西欧近代医学の限界とその反省から,非西欧的な医療についての知識・技術について関心が高まったことなどがあげられる。また,医療人類学には医学,看護学,保健衛生学などからのアプローチによって,社会環境と人間の生物学的状態との関連を考察する形質人類学的な方法もあり,応用人類学としての傾向も強い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

医療人類学の関連キーワードジョージ・マックランド(Jr.) フォスターマーガレット・M. ロックアーサー クラインマン文化人類学臓器移植法臓器移植中川米造医学史

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医療人類学の関連情報