コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用人類学 おうようじんるいがく applied anthropology

2件 の用語解説(応用人類学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応用人類学
おうようじんるいがく
applied anthropology

人類学によって集積された知識の,実際問題への応用のこと。行動人類学ともいわれる。人類学の実用性は早くから指摘されており,実際に人類学は,19世紀まで欧米の植民地拡大とキリスト教の布教活動を背景に,植民地の文化を理解するための支配者側の学問として発達してきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうよう‐じんるいがく【応用人類学】

形質人類学や文化人類学の成果を実用的に利用する応用科学開発途上国への経済援助に文化人類学の知識が利用されるなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の応用人類学の言及

【自然人類学】より

… これらの諸分野とは別に,自然人類学の知識や成果を実生活に利用しようとする分野がある。これは応用人類学とよばれ,保健,体育あるいは器械・器具の設計,衣服の規格化などに役立ったりする研究,また性・年齢の判定,親子鑑別などに基礎資料を提供する犯罪人類学などがこれに入る。以上,人類の時間的・空間的変異の解明という視点に注目して自然人類学がカバーする領域を設定したが,人によっては研究方法を主たる基準として,自然人類学を形態人類学,生理人類学,人類遺伝学,生態人類学,古病理学,人口学などの専門分野に分けている。…

※「応用人類学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

応用人類学の関連キーワード今村豊形質人類学社会人類学心理人類学ギアツ学殖実際問題ラドクリフブラウン理論知見

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone