医療行為(読み)イリョウコウイ

  • いりょうこうい〔イレウカウヰ〕

デジタル大辞泉の解説

医師法により、医師および医師の指示を受けた看護師助産師などの医療従事者のみ行うことが認められている治療処置などのこと。医学的な技術・判断がなければ人体危害を及ぼす危険がある行為総称
[補説]医療行為の定義は必ずしも明確ではなく、血圧測定・経管栄養注入・たんの吸引などを医療行為とみなすかどうか意見が分かれている。経管栄養注入などの日常の医療的ケアは、現在では家族も行うことが認められている。気管挿入は、かつては医師しか行えなかったが、現在は救急救命士も行うことが認められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

免許をもった医師のみが認められている診断・治療などの行為。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医療行為の関連情報