コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十事非法 じゅうじのひほう dasa vatthūni

1件 の用語解説(十事非法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十事非法
じゅうじのひほう
dasa vatthūni

仏教用語。仏滅後 100年頃に跋闍子 Vajjiputtakaが戒律に反して主張した 10項目で,教団保守派がこれらを否定するために 700人の結集を行なったと伝えられる。その 10項目は,(1) 塩に限って保存してもよい,(2) 正午過ぎでも,ある一定時間なら食事をしてもよい,(3) 他の村では食後もさらに食べてよい,(4) 同じ境界内で別々に布薩を行なってもよい,(5) 他の教団で行なった羯磨 (かつま) を事後承認してもらってもよい,(6) 習慣的に行われていることは実行してもよい,(7) 酥,油,蜜などを混ぜたものは食事以外に飲んでもよい,(8) まだ完全な酒の状態になっていないものは飲んでもよい,(9) 坐具を自由な大きさにつくってもよい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十事非法の関連キーワード戒律教化住持上座部小乗仏教正法部派仏教正位僧祇滅後

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone