羯磨(読み)かつま

大辞林 第三版の解説

かつま【羯磨】

〘仏〙 〔天台宗・浄土宗など一般には「かつま」と読むが、真言宗・南都諸宗では「こんま」と読む〕
行為。業ごう。所作。
受戒・懺悔の作法。
「羯磨金剛」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かつま【羯磨】

〘名〙 (karma の音訳) 仏語。
① (天台宗、浄土宗などでは「かつま」、律宗、真言宗などでは「こんま」という。業、作業、所作などと訳す) 広義には儀式、作法のこと。通常は戒律上の受戒(じゅかい)、懺悔(さんげ)、結界(けっかい)などの折の作法をいい、密教では如来のはたらき、諸尊の威儀などの意に用いる。
※醍醐寺本元興寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「又半月々々為白羯磨
参天台五台山記(1072‐73)四「独胡五枚・羯磨四枚・輪一枚・八枚」

こんま【羯磨】

〘名〙 (karma の音訳。業(ごう)、所作などと訳す) 仏語。受戒、懺悔など、戒律上の行事を行なうときの所作をいう。南都の諸寺や真言宗では「こんま」、天台宗、浄土宗では「かつま」と読む。
※東宝記(1352)一「食堂〈略〉令衆共持菩薩戒、羯磨説戒皆作菩薩法事

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の羯磨の言及

【密教法具】より

…密教法具は当初,最澄,空海,常暁,円行,円仁,恵運,円珍,宗叡の入唐八家によって請来されたが,おのおのに若干の異同があって整合性を欠く。この時代のものを大別すると金剛杵(こんごうしよ)と金剛鈴(こんごうれい)が主流をなし,異種に独鈷(どつこ)杵の端に宝珠をつけた金錍(こんべい)があり,そのほか輪宝(りんぼう),羯磨(かつま),四橛(しけつ),盤子(ばんし)(金剛盤),閼伽盞(あかさん),護摩(ごま)炉,護摩杓などがあるが,供養具まで完備するには至っていない。やがて,壇上に火舎(かしや)(香炉)を中心に六器(ろつき),花瓶(けびよう),飯食器(おんじきき)などをそろえた一面器,さらに四面器を配するなど,密法法具の整備拡充が進む。…

※「羯磨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android