コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羯磨 かつま

大辞林 第三版の解説

かつま【羯磨】

〘仏〙 〔天台宗・浄土宗など一般には「かつま」と読むが、真言宗・南都諸宗では「こんま」と読む〕
行為。業ごう。所作。
受戒・懺悔の作法。
「羯磨金剛」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の羯磨の言及

【密教法具】より

…密教法具は当初,最澄,空海,常暁,円行,円仁,恵運,円珍,宗叡の入唐八家によって請来されたが,おのおのに若干の異同があって整合性を欠く。この時代のものを大別すると金剛杵(こんごうしよ)と金剛鈴(こんごうれい)が主流をなし,異種に独鈷(どつこ)杵の端に宝珠をつけた金錍(こんべい)があり,そのほか輪宝(りんぼう),羯磨(かつま),四橛(しけつ),盤子(ばんし)(金剛盤),閼伽盞(あかさん),護摩(ごま)炉,護摩杓などがあるが,供養具まで完備するには至っていない。やがて,壇上に火舎(かしや)(香炉)を中心に六器(ろつき),花瓶(けびよう),飯食器(おんじきき)などをそろえた一面器,さらに四面器を配するなど,密法法具の整備拡充が進む。…

※「羯磨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

羯磨の関連キーワードサンスクリット語四種曼荼羅律(仏教)野々村仁清求那跋摩四波羅蜜羯磨金剛密教美術十事非法密教法具五部心観三師七証三大部延暦寺浄土宗金剛杵曼荼羅阿闍梨法礪八供

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羯磨の関連情報