コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布薩 ふさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布薩
ふさつ

仏教行事。パーリ語 uposatha,サンスクリット語 upavasatha音写。斎,説戒などと訳す。月に2回,満月と新月の日に同一地域のが集って罪を告白懺悔する集り。日本の家庭では8,14,15,23,29,30日を六斎日として,その日に八斎戒を守ることをいい,年に1度行われるのを大布薩という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふさつ【布×薩】

《〈梵〉upoṣadhaの音写。説戒・斎などと訳す》同一地域の僧が毎月2回、新月と満月の日に集まって戒本を誦し、互いに自己反省し、罪過を懺悔(さんげ)する行事。在家では六斎日などに八斎戒を守ることをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

布薩【ふさつ】

同一地域に住む僧尼が,月2回(満月・新月の日)集まって,波羅提木叉(はらだいもくしゃ)を読誦し,自己反省しあい,罪を犯した者は人びとに告白懺悔(ざんげ)する行事。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふさつ【布薩】

仏教用語で,修行者たちが毎月2回定期的に集まり,自分の犯した罪を告白,懺悔(さんげ)し,清浄な生活を送ることを確認しあう儀式。説戒ともいい,サンスクリットのウパバサタUpavasathaの俗語形を音写したもの。毎月の満月と新月の日(15日と30日)に行われ,出家者は原則として全員出席しなければならない。全員が集合したところで,法に詳しい比丘が波羅提木叉(はらだいもくしや)(戒の条項を集めたもの)の条文をいちいち読み上げ,その制禁に牴触(ていしよく)した覚えのある者は,自ら人々の前でその罪を発露(ほつろ)懺悔するのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふさつ【布薩】

毎月15日・30日に僧が集まり、自己の罪過を反省し懺悔する儀式。在家では六斎日に八斎戒を守り、善を増大することをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布薩
ふさつ

サンスクリット語ポーシャダpoadhaの音訳で、長養、長浄などと意訳する。比丘(びく)たちが半月に1回、15日・30日あるいは15日・29日に一所に集会し、「波羅提木叉(はらだいもくしゃ)」(二百五十戒の条文集)を読み上げ、罪ある者は懺悔(ざんげ)し、行為を反省する。戒律が実行されていることを確認する集会のため、出欠は厳重で、無断欠席は許さない。これは部派仏教のものであるが、中国・日本の大乗仏教では、『梵網(ぼんもう)経』に基づく大乗の布薩も行われ、とくに日本では梵網の布薩が中心であった。在家では六斎日(ろくさいにち)(8・14・15・23・29・30日)に八斎戒などを守ることをいう。[平川 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の布薩の言及

【斎】より

…また厄よけを目的とする〈醮(しよう)〉という祭りもあり,これは夜間に供物を並べて神々を祭り,願いごとを上奏するやり方で,道教の祭りは両者を合して〈斎醮〉とよばれることもある。 斎は清浄の意味をもつから,仏教でもウポサタuposathaまたはポシャダpoṣadha(音訳は布薩(ふさつ))の訳語として戒律を守り,身を清める意味に用いられ,六斎日(ろくさいにち),すなわち毎月8,14,15,23,29,30の6日には,在家の信者は〈八斎戒〉を守らねばならぬとされた。それは,殺さず,盗まず,婬せずなどの8種の禁忌をいうが,なかでも〈非時食(ひじしき)〉,すなわち午後の断食が中心とされ,仏教では主として午前中の食事を意味することになった。…

※「布薩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

布薩の関連キーワード斎(斎戒)律(仏教)十事非法平川八戒鑑真

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android