十二座神楽(読み)じゅうにざかぐら

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうにざかぐら【十二座神楽】

神楽曲は1曲を1座と数えるが,十二座神楽は12曲の神楽を奏することを基本とする場合の名称。ほとんど出雲流の神楽で,十二神楽,十二番神楽の名称もある。島根県佐陀神能(さだしんのう)も12番行われるが,これはとくに十二座神楽の名称はない。江戸の里神楽山崎美成の《海録》(1837成立)に〈今用ゆる神楽の十二座などいへる舞は,土師(はじ)の舞とておほかた百五十年ばかりも前かたにいで来にける也〉とあり,十二座を基本とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android