コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐陀神能 サダシンノウ

4件 の用語解説(佐陀神能の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さだ‐しんのう【佐×陀神能】

島根県八束郡鹿島町の佐太神社の神事。神座(しんざ)のござを敷き替える御座替(ござがえ)祭で行われるもので、七座神事・式三番・神能の舞を奉納する。国の重要無形民俗文化財、またユネスコ無形文化遺産

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

佐陀神能

島根県松江市鹿島町の佐太神社の9月の例祭「御座替祭」で行われる神事芸能。七座神事の舞と神能から構成され、古い猿楽能の影響がみられる。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。2011年、ユネスコ無形文化遺産に登録。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さだしんのう【佐陀神能】

民俗芸能。島根県八束郡鹿島町佐陀の佐太神社に伝承される神能。9月24,25日に行われ,24日の御座(茣蓙)替神事の夜には七座の神事が,25日の例祭には御座替神事を奉祝して,七座の神事《式三番》神能がいずれも境内の神楽殿で演じられる。御座替神事は神々が座る御座を替える神事で,古くは佐太神社の触下(ふれした)3郡半(秋鹿(あいか),島根,楯縫の3郡と意宇(おう)郡の半分)の神職がことごとく集まって行ったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐陀神能の関連キーワード佐太神社松江市立鹿島歴史民俗資料館島根県松江市鹿島町恵曇島根県松江市鹿島町片句島根県松江市鹿島町佐陀本郷島根県松江市鹿島町佐陀宮内島根県松江市鹿島町手結島根県松江市鹿島町御津島根県松江市鹿島町名分志谷奥遺跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐陀神能の関連情報