十八公(読み)ジュウハッコウ

デジタル大辞泉の解説

じゅうはっ‐こう〔ジフハツ‐〕【十八公】

《「」の字を分解すると、「十」「八」「公」となるところから》の別名。
「―のよそほひ、千秋の緑をなして」〈謡・高砂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうはちこう【十八公】

じゅうはっこう【十八公】

〔「松」の字を分解して十八公とよんだもの〕 松の異名。 「この松は万木ばんぼくに勝れて-のよそほひ/謡曲・高砂」
俳諧の様式の一。表一〇句・裏八句の一八句より成る連句。松の字によそえた名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうはっ‐こう ジフハッ‥【十八公】

〘名〙 (「松」の字は、偏が「十」「八」、旁が「公」と分解できることから)
① 植物「まつ(松)」の異名。じゅうはちのきみ。
※和漢朗詠(1018頃)下「十八公の栄は霜の後に露(あら)はれ 一千年の色は雪の中に深し〈源順〉」 〔呉志注‐孫皓伝〕
② (「松の位」の意) 大夫職の遊女の異名。
※浮世草子・元祿大平記(1702)四「元より此津のはんじゃうは十八公(ジウハッコウ)の色よりも、香こそ愛らし梅の花」
連句の形式。松の字(十八公)にちなんで、表十句、裏八句の一八句で一巻とするもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十八公の関連情報