十判裏書(読み)ジッパンウラガキ

精選版 日本国語大辞典の解説

じっぱん‐うらがき【十判裏書】

〘名〙 三奉行一〇人の捺印のある江戸幕府評定所の目安裏書き。
※憲教類典‐四・六・評定・寛保二年(1742)(古事類苑・法律五六)「一 在方え相掛り候出入、江戸より十里余は十判裏書〈略〉一 在方之もの、公事訴訟に付逗留中、雑用金滞出入、平日十判裏書」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android