促成栽培(読み)そくせいさいばい(英語表記)forcing culture

  • 促成栽培 forcing culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作物の収穫期を早める栽培方法。一般に園芸作物温室温床などを使用して加温,保温して行われる。収穫期を早めることによって市場での経済性を高めることを目的としたもので,気候の温暖な地方や都市近郊に発達する。最近は安価で取扱いの容易なビニルハウスの普及によって各地に普及してきた。主作物はいちご,きゅうり,トマト,カーネーションなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

野菜や花などを普通よりも早く生産するための栽培法。早出しの程度によって,促成栽培,半促成栽培早熟栽培に分けることもある。この場合の促成栽培とは全生期間をハウス内で栽培することをいい,半促成とは生育の後半にハウスの被覆をとって露地で栽培することをいう。また,早熟栽培とは温床で育した苗を植して露地で栽培することをいう(定植後しばらくトンネルで保温するものも早熟栽培に含める)。このように,促成栽培ではハウス,トンネル,温床などを利用し,生育に好適な温度条件を与えて収穫期を早めるのが普通である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野菜や花卉(かき)などの栽培方法(作型)の一つ。普通の栽培時期よりも早く栽培を開始し、早く収穫して出荷することを目的とする。旬(しゅん)より早いので有利に取引され収入が多く得られるためである。播種(はしゅ)期が自然より早いので、加温あるいは保温した苗床に播種して育苗し、温室、ガラス室、ビニルハウス、ビニルトンネルなどの保温施設に定植し、その施設内で収穫まで育てる。生育の途中で被覆を除いて露地状態で育てる場合を半促成栽培といい、普通の促成栽培より収穫・出荷期がやや遅くなる。

 促成栽培は日本ではすでに江戸時代から始められたといわれるが、本格的には近年になって発達した。ウドなどを旬より早く出荷するための促成栽培は早くから行われ、またイチゴの促成栽培も歴史が古い。現在では周年栽培の一環として、出荷期を定めた計画的な促成栽培が、キュウリ、メロン、カボチャ、スイカ、トマト、ナス、ピーマン、インゲンマメ、エンドウ、ホウレンソウ、シュンギクなどきわめて多くの野菜やシクラメンなど花卉類について、各地で行われている。促成栽培にとっては、冬季に晴天が多く温暖な地域、すなわち東海道、四国、南九州などの太平洋岸が適するが、とくに大都市や温泉場など消費地の近郊地帯が地の利を得て早くから促成栽培が行われた。いまでは交通機関の発達により消費地に遠い土地にも普及し、それらは集団的な促成園芸地帯を形成していることが多い。

[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 果樹、野菜、花等を温室やビニールハウス、フレーム等で普通よりも早く発育させる栽培法。〔新しい言葉の泉(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

促成栽培の関連情報