コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十悪業道 じゅうあくごうどうdása akuśalāḥ karmapattāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十悪業道
じゅうあくごうどう
dása akuśalāḥ karmapattāh

身体動作 (身) と言語表現 (口) と心理作用 (意) とがつくりだす悪しき行為を,それぞれ3種,4種,3種,計 10種に細分したもの。 (1) 殺生,(2) 盗み,(3) 邪淫,(4) いつわり (妄語) ,(5) 中傷 (両舌) ,(6) ののしり (悪口) ,(7) ざれ口 (綺語) ,(8) 貪り,(9) 怒り,(10) 誤った考え (邪見) の 10種。 (1) ~ (3) が身体動作に関するもの,(4) ~ (7) が言語表現に関するもの,(8) ~ (10) が心理作用に関するもの。 (8) ~ (10) は,(1) ~ (7) の動機となるものであるが,仏教では,直接行為として現れなくても,罪悪になる点で独立の行為と考えた。しかし,この点については仏教思想史上にも異説がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

十悪業道の関連キーワード十善

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android