綺語(読み)きご

精選版 日本国語大辞典「綺語」の解説

き‐ご【綺語】

〘名〙
① 仏語。真実にそむいて、巧みに飾ったことば。虚飾のあることば。十悪の一つ。
※本朝文粋(1060頃)一三・勧学院仏名廻文〈慶滋保胤〉「妄語之咎難逃。語之過何避」 〔大乗義章‐七〕
② 巧みに飾って表現したことば。おもしろく飾ったことば。多く、小説、詩文などの美辞麗句をいう。きぎょ。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉八「机上に在るお常金三郎の綺語(キゴ)を綴りし草双紙を借覧して」

き‐ぎょ【綺語】

〘名〙 (多く「きょうげんきぎょ(狂綺語)」の形で用いる) =きご(綺語)〔元和本下学集(1617)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「綺語」の解説

き‐ご【×綺語】

仏語。十の一。真実に反して言葉を飾りたてること。
美しく飾った言葉。多く、小説・詩文の美辞麗句をいう。きぎょ。「狂言綺語

き‐ぎょ【×語】

きご(綺語)」に同じ。「狂言綺語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「綺語」の解説

綺語
きご
saṃbhinna-pralāpa

「きぎょ」とも読む。みだりに飾って,うわついて誠実さのない言葉。戯れ言。仏教にいう 10種の悪の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android