コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盗み/偸み ヌスミ

デジタル大辞泉の解説

ぬすみ【盗み/×偸み】

人のを盗むこと。「―を働く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぬすみ【盗み】

が所有するものを奪い取ること。私有の観念の発生とともに古くからあった行為であろうが,さまざまな社会の中で,どのような行為が犯罪とされ,またどのように罰せられるかは,その社会や文化のあり方と深くかかわっているといえる。 なお盗みをめぐる現在の法律上の問題については,〈窃盗罪〉〈強盗罪〉〈横領罪〉の項を参照されたい。
【盗みをめぐる習俗
 盗みという行為がどう扱われるかは,その社会の〈所有観念〉と深くかかわりをもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぬすみ【盗み】

ぬすむこと。また、その行為。 「 -を働く」 「 -をする」
遊女などが、客がついていながら抜け出して他の客の席に行くこと。 「何さ-に出ていなはらあな/洒落本・仕懸文庫」
他の語の上に付いて、相手に気づかれずに、隠れてこっそりと物事をする意を表す。 「 -見」 「 -食い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の盗み/偸みの言及

【盗賊】より

…盗んだ物を貧しい者に分け与える義賊とは異なり,恐れられることが多いが,稀代の大盗賊のなかには,民衆からひそかな喝采(かつさい)をおくられた者も少なくなかったことが知られている。
[ヨーロッパ]
 ローマ最古の成文法である十二表法の第8表には,夜間盗みを行った者を現場で捕らえたとき,被害者は殺してもさしつかえないという規定があり,盗みに対する制裁措置が過酷であった。イエス・キリストとともに処刑された2人の男が盗賊であったことはよく知られた事実だが,中世社会に入ると犯罪の中で最も恐れられたのが,血だらけの殺人ではなく,他人の物を盗む行為であったことに注意する必要がある。…

※「盗み/偸み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

盗み/偸みの関連キーワード空き巣狙い・空巣狙い悪銭身につかず盗人猛猛しいスパイメールどやくや紛れ手癖が悪い火事場泥棒空き巣狙い居直り強盗堅守自盗びらくら道中稼ぎ昏酔強盗盗み笑いのた坊主くすねる土蔵破り盗み読み盗人根性仕懸文庫

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android