妄語(読み)もうご

精選版 日本国語大辞典「妄語」の解説

もう‐ご マウ‥【妄語】

〘名〙 仏語
五悪・十悪の一つ。うそをつくこと。また、そのことば。うそ。いつわり。でたらめ。
※法華義疏(7C前)二「復有諸鬼其咽如針者、出見取衆生。不自計成他見。是事実余語」 〔大智度論‐一三〕
※大鏡(12C前)六「十戒のなかに、妄語をばたもちて侍身なればこそ」

ぼう‐ご バウ‥【妄語】

〘名〙 =ぼうげん(妄言)〔広益熟字典(1874)〕 〔南史‐何遠伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「妄語」の解説

もう‐ご〔マウ‐〕【妄語】

仏語。うそをつくこと。法を会得していないのに会得したように言うことや、不実な言葉。

ぼう‐ご〔バウ‐〕【妄語】

妄言もうげん」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「妄語」の解説

【妄語】もう(まう)ご

でたらめ。〔小学、善行〕劉忠定(安世)、(司馬光)に見(まみ)え、~以て身行ふべき(こと)を問ふ。曰く、其れかと。~問ふ、之れを行ふに何をか先にせんと。曰く、語せざるより始むと。劉~力行七年にして、而る後る。

字通「妄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android