妄語(読み)もうご

精選版 日本国語大辞典「妄語」の解説

もう‐ご マウ‥【妄語】

〘名〙 仏語
五悪十悪の一つ。うそをつくこと。また、そのことば。うそ。いつわり。でたらめ。
※法華義疏(7C前)二「復有諸鬼其咽如針者、出見取衆生。不自計成他見。是事実余語」 〔大智度論‐一三〕
※大鏡(12C前)六「十戒のなかに、妄語をばたもちて侍身なればこそ」

ぼう‐ご バウ‥【妄語】

〘名〙 =ぼうげん(妄言)〔広益熟字典(1874)〕 〔南史‐何遠伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「妄語」の解説

もう‐ご〔マウ‐〕【妄語】

仏語。うそをつくこと。法を会得していないのに会得したように言うことや、不実な言葉。

ぼう‐ご〔バウ‐〕【妄語】

妄言もうげん」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android