両舌(読み)りょうぜつ

精選版 日本国語大辞典「両舌」の解説

りょう‐ぜつ リャウ‥【両舌】

〘名〙
① (形動) 仏語。十悪の一つ。両方の人にそれぞれ相違したことを言って、両人をたがいさせること。人の仲をさくことば。陰口を言うこと。離間語(りけんご)ともいう。また、単に一つのことを両様に言うこと。二枚舌をつかうこと。また、そのようなさま。
※菅家文草(900頃)一〇・為小野親王謝別給封戸第三表「臣師事者世尊、何屈申於両舌
※史記抄(1477)一一「あちいきこちいきして両舌に物を云者ぞ」 〔大乗義章‐七〕
② 両者の弁舌の意。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二「時有りて両舌(リャウゼツ)相争そふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「両舌」の解説

両舌
りょうぜつ

仏教用語。2人の人に対して異なったことを言い,2人の仲を悪くして互いに争わせること。離間語ともいい,十悪の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「両舌」の解説

りょう‐ぜつ〔リヤウ‐〕【両舌】

仏語。十悪の一。二枚舌を使うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android