コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十文字重光 じゅうもんじ しげみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十文字重光 じゅうもんじ-しげみつ

1842-1904 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)13年8月18日生まれ。伊勢神宮内宮権禰宜(ごんのねぎ)で,尊攘(そんじょう)運動にくわわり,禁門の変に参加。のち伊勢神宮のある度会府(わたらいふ)の御用掛兼監察,明治33年神宮禰宜となった。明治37年3月1日死去。63歳。伊勢(三重県)出身。本姓は木下。通称は格三郎,大炊。号は古青。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

十文字重光の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android