コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十文字重光 じゅうもんじ しげみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十文字重光 じゅうもんじ-しげみつ

1842-1904 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)13年8月18日生まれ。伊勢神宮内宮権禰宜(ごんのねぎ)で,尊攘(そんじょう)運動にくわわり,禁門の変に参加。のち伊勢神宮のある度会府(わたらいふ)の御用掛兼監察,明治33年神宮禰宜となった。明治37年3月1日死去。63歳。伊勢(三重県)出身。本姓は木下。通称は格三郎,大炊。号は古青。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

十文字重光の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android