コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十日市 とおかいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十日市
とおかいち

広島県北部,三次市の中心街地の一部。旧町名。 1954年近隣町村と合体して三次市 (→三次 ) となる。尾関山を囲む城下町三次に対して,馬洗 (ばせん) 川を挟んで東に広がる市場集落で,ともに中心市街地を形成。 1915年,国鉄芸備線が広島から延びて十日市に三次駅が設けられてから,旧三次の機能が十日市へ移り,市役所,総合庁舎などの行政機関や主要工場などのほとんどが置かれ,三次駅前には中心商店街がある。まわりを堤防に囲まれているが,しばしば洪水に悩まされてきた。花園遺跡 (国指定史跡) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

十日市の関連キーワード山梨県南アルプス市青森県八戸市十日市千葉県旭市秦野(市)三次(市)春日 由三三次[市]秦野[市]若草[町]福岡 義登十日市秀悦佐伯好郎内山真弓氷川神社旭(市)十日市町旭[市]定期市市場町大町市

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十日市の関連情報