コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三次市 みよし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三次〔市〕
みよし

広島県北部にある市。北西端を島根県と接する内陸都市で,県北の政治,経済,文化の中心地。市域北部を中国山地が,中央部を三次盆地が,南部を吉備高原がそれぞれ占める。中心市街地の十日市付近で江川(→可愛川)と神野瀬川(かんのせがわ),馬洗川(ばせんがわ),西城川が合流する。1954年三次町,十日市町の 2町と酒河村,河内村,和田村,神杉村,田幸村,粟屋村の 6村が合体して市制。1956年川地村,1958年川西村をそれぞれ編入。2004年甲奴町,吉舎町,三良坂町,三和町,君田村,布野村,作木村と合体。古くから山陽地方と山陰地方を結ぶ交通の要衝で,中心市街地の三次は江戸時代には広島藩支藩の城下町,十日市は出雲街道の宿場町および市場町として発展した。山あいには発電所が点在し,畜産,米作,林業が行なわれる。低地および丘陵地では米作,果樹栽培,和牛飼育が盛ん。三次盆地には工業団地があり,自動車部品,医薬品,木材加工,食品加工などが行なわれている。浄楽寺・七ツ塚古墳群,花園遺跡,矢谷古墳,寺町廃寺跡は国の史跡,旙山家住宅,奥家住宅は国の重要文化財に指定されている。神野瀬川上流にある神之瀬湖とその周辺の渓谷は神之瀬峡県立自然公園に属する。JR芸備線,三江線,福塩線の鉄道および国道54号線と 375号線,183号線,184号線が通り,中国縦貫自動車道,中国横断自動車道のインターチェンジがある。面積 778.14km2(境界未定)。人口 5万3615(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みよし‐し【三次市】

三次

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

三次市の関連キーワード広島県三次市吉舎町吉舎川之内広島県三次市三和町大力谷広島県三次市三和町下板木広島県三次市君田町東入君広島県三次市三和町羽出庭広島県三次市吉舎町矢野地広島県三次市吉舎町上安田広島県三次市布野町戸河内広島県三次市三和町上板木広島県三次市吉舎町海田原広島県三次市君田町西入君広島県三次市三良坂町田利広島県三次市三良坂町岡田広島県三次市甲奴町太郎丸広島県三次市三良坂町長田広島県三次市三良坂町皆瀬広島県三次市三良坂町光清広島県三次市吉舎町清綱広島県三次市甲奴町有田広島県三次市甲奴町宇賀

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三次市の関連情報