コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十百韻 トッピャクイン

デジタル大辞泉の解説

とっ‐ぴゃくいん〔‐ピヤクヰン〕【十百韻】

俳諧で、一座百韻ごとの連句を十巻(とまき)続けて行うもの。一巻ごとに百韻の式目に従う。→千句

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とっぴゃくいん【十百韻】

俳諧用語。百句続く連句すなわち百韻を、各巻別々に百韻の式目に従って十巻とまき続けること。談林期に盛行した。 → 千句

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十百韻の言及

【連句】より

…それが蕉風俳諧である。 100句で終結する百韻が正式のもので,これを基準にして半分で止めるものを五十韻,10巻重ねるものを千句または十百韻(とつぴやくいん),100巻重ねるものを万句という。百韻連歌の成立は13世紀ごろで,俳諧もこれを継承したが,蕉風俳諧の確立に,36句で終結する略式の歌仙が用いられてからは,この形式が普通になった。…

※「十百韻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十百韻の関連キーワード伊藤信徳江島為信野口在色田代松意宗因千句のたる見目悪松意談林信徳酒旗

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android