コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千住ねぎ

デジタル大辞泉プラスの解説

千住ねぎ

東京都で生産されるネギ。土寄せにより白根部分を長くする根深ネギ。加熱すると甘みが出る。足立区千住の市場に多くネギが集められたことから、この名称がついた。「千寿ねぎ」の表記もある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

千住ねぎ[葉茎菜類]
せんじゅねぎ

関東地方、東京都の地域ブランド。
千住付近(現在の荒川区・足立区にまたがる地域)にあった古い熊手ねぎや砂村ねぎなどから選抜改良してつくりだした品種を総称して、千住ねぎと呼ぶ。本格的な生産が始まったのは明治時代中期以降とされ、葛飾区北部にあたる金町・水元・新宿地区一帯は、昭和の中頃まで千住ねぎの産地として全国的に有名であった。当時の千住ねぎは、軟白部分が長くて締まりも良く、煮くずれしないために、特に、すき焼きなどの鍋物に好んで使われた。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

千住ねぎの関連キーワード大阪ねぎ矢切ねぎ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千住ねぎの関連情報