コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千呆性侒 せんぱい しょうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千呆性侒 せんぱい-しょうあん

せんがい-しょうあん

千呆性侒 せんがい-しょうあん

1636-1705 明(みん)(中国)の僧。
崇禎(すうてい)9年生まれ。黄檗(おうばく)宗。師の即非如一(にょいち)とともに明暦(めいれき)3年(1657)来日,長崎崇福寺(そうふくじ)にはいる。天和(てんな)の飢饉に際し,窮民に粥(かゆ)をほどこす。元禄(げんろく)9年宇治万福寺住持となる。宝永2年2月1日死去。70歳。福州府(福建省)出身。俗姓は陳。別号に曇瑞。法名は性安,道号は千獃ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千呆性侒の関連キーワード圭立法〓(“王へん”に「巽」)性侒