コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明暦 メイレキ

デジタル大辞泉の解説

めいれき【明暦】

江戸初期、後西天皇の時の年号。1655年4月13日~1658年7月23日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいれき【明暦】

年号(1655.4.13~1658.7.23)。後西ごさい天皇の代。承応の後、万治の前。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

めいれき【明暦】

日本の元号(年号)。江戸時代の1655年から1658年まで、後西(ごさい)天皇の代の元号。前元号は承応(じょうおう)。次元号は万治(まんじ)。1655年(承応4)4月13日改元。後西天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。明暦年間の江戸幕府の将軍は徳川家綱(いえつな)(4代)。1654年(承応3)に後光明(ごこうみょう)天皇が崩御した際、養子の識仁(さとひと)親王(後の霊元天皇)が生後間もないため、成長するまでの中継ぎとして弟の後西天皇が即位した。1657年(明暦3)1月18日から20日にかけて、江戸時代最大とされる大火が江戸を襲い、市街の大半を焼失した(明暦の大火)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

明暦の関連キーワード伊藤小太夫(初代)目黒行人坂の火事牧野康成(2)虱本・蝨本水無瀬兼俊野火止用水油小路隆基方角火消し滋野井季吉槙吉之丞金森重直初坂重春正源院宮馬淵宗畔多賀左近雲谷等爾揚屋喜斎柴村盛之振袖火事徳川家綱

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明暦の関連情報