明暦(読み)メイレキ

大辞林 第三版の解説

めいれき【明暦】

年号(1655.4.13~1658.7.23)。後西ごさい天皇の代。承応の後、万治の前。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

めいれき【明暦】

日本の元号(年号)。江戸時代の1655年から1658年まで、後西(ごさい)天皇の代の元号。前元号は承応(じょうおう)。次元号は万治(まんじ)。1655年(承応4)4月13日改元。後西天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。明暦年間の江戸幕府の将軍は徳川家綱(いえつな)(4代)。1654年(承応3)に後光明(ごこうみょう)天皇が崩御した際、養子の識仁(さとひと)親王(後の霊元天皇)が生後間もないため、成長するまでの中継ぎとして弟の後西天皇が即位した。1657年(明暦3)1月18日から20日にかけて、江戸時代最大とされる大火が江戸を襲い、市街の大半を焼失した(明暦の大火)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めいれき【明暦】

江戸時代、後西天皇の代の年号。承応四年(一六五五)四月一三日に改元、明暦四年(一六五八)七月二三日に至って次の万治となる。出典は「漢書‐律暦志上」の「箕子言大法九章、而五紀明暦法」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明暦の関連情報