明暦(読み)めいれき

日本の元号がわかる事典「明暦」の解説

めいれき【明暦】

日本の元号年号)。江戸時代の1655年から1658年まで、後西(ごさい)天皇の代の元号。前元号は承応(じょうおう)。次元号は万治(まんじ)。1655年(承応4)4月13日改元後西天皇即位にともない行われた(代始改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。明暦年間の江戸幕府将軍は徳川家綱(いえつな)(4代)。1654年(承応3)に後光明(ごこうみょう)天皇が崩御した際、養子の識仁(さとひと)親王(後の霊元天皇)が生後間もないため、成長するまでの中継ぎとして弟の後西天皇が即位した。1657年(明暦3)1月18日から20日にかけて、江戸時代最大とされる大火が江戸を襲い、市街の大半を焼失した(明暦の大火)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「明暦」の解説

めいれき【明暦】

江戸時代、後西天皇の代の年号。承応四年(一六五五)四月一三日に改元、明暦四年(一六五八)七月二三日に至って次の万治となる。出典は「漢書‐律暦志上」の「箕子言大法九章、而五紀明暦法」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android