明暦(読み)メイレキ

大辞林 第三版の解説

めいれき【明暦】

年号(1655.4.13~1658.7.23)。後西ごさい天皇の代。承応の後、万治の前。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

めいれき【明暦】

日本の元号(年号)。江戸時代の1655年から1658年まで、後西(ごさい)天皇の代の元号。前元号は承応(じょうおう)。次元号は万治(まんじ)。1655年(承応4)4月13日改元。後西天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。明暦年間の江戸幕府の将軍は徳川家綱(いえつな)(4代)。1654年(承応3)に後光明(ごこうみょう)天皇が崩御した際、養子の識仁(さとひと)親王(後の霊元天皇)が生後間もないため、成長するまでの中継ぎとして弟の後西天皇が即位した。1657年(明暦3)1月18日から20日にかけて、江戸時代最大とされる大火が江戸を襲い、市街の大半を焼失した(明暦の大火)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明暦の関連情報