コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千家尊孫 せんげ たかひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千家尊孫 せんげ-たかひこ

1796-1873 江戸後期-明治時代の神職,国学者。
寛政8年3月13日生まれ。千家尊之(たかゆき)の長男。天保(てんぽう)3年出雲(いずも)国造(くにのみやつこ)職をつぐ。維新に際し,参朝の儀の復興をはかったが,老齢のため職を子の尊澄(たかずみ)にゆずった。歌学にすぐれた。明治6年1月1日死去。78歳。出雲(島根県)出身。著作に「比那能歌語」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千家尊孫の関連キーワード千家尊朝佐々鶴城明治時代佐草文清千家尊澄千家氏森為泰島重老神職

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android