参朝(読み)サンチョウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ちょう〔‐テウ〕【参朝】

[名](スル)朝廷に出仕すること。参内(さんだい)。
「江戸でなくて京都の方へ―するようになって来たからね」〈藤村夜明け前

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐ちょう ‥テウ【参朝】

〘名〙
① 朝廷に出仕すること。また、天皇に拝謁すること。参内。
※玉葉‐仁安二年(1167)六月二二日「若山庄可年貢事、〈卅丁也〉其残如先々参朝無懈怠勤仕之由仰了」 〔旧唐書‐太宗紀・上〕
② 外国人が日本の国にやって来ること。来朝。
※新聞雑誌‐一〇号・明治四年(1871)八月「今般北海道開拓に付御雇入に相成たる『亜米利加国』農学教師ホラシ、カプロン参朝(サンチャウ)セリ」
※陰徳太平記(1712)四〇「杵築大明神へ参朝有りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報