コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参朝 サンチョウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ちょう〔‐テウ〕【参朝】

[名](スル)朝廷に出仕すること。参内(さんだい)。
「江戸でなくて京都の方へ―するようになって来たからね」〈藤村夜明け前

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんちょう【参朝】

( 名 ) スル
朝廷に行くこと。参内。 「一橋大納言殿-せられて/近世紀聞 延房

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

参朝の関連キーワード文久三年八月十八日の政変大炊御門家信万里小路政房五条 為栄平松 時厚朝彦親王三条実美幟仁親王中山忠能鴨脚光長二条斉敬蘇我蝦夷石川総管出雲信仰松尾相永鴨脚加賀九条道孝広橋伊光広橋胤保千家尊孫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

参朝の関連情報